FC2ブログ
2018 / 08
<< 2018 / 07 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2018 / 09 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分が音楽の世界においてできることを色々考えています。
そのうちのひとつです。


今年、2012年10月19日から21日の三日間で、イベントを開催する予定です。

主役はたまちゃん。
たまちゃんとは、私のプロフィールにも記載している通り、私の相棒のピアノのことです。

西武池袋線仏子駅徒歩五分のところにあります、文化創造アトリエAmigo のスタジオ棟にたまちゃんを、運び込みコンサートや一般の方が参加できるコンサート、レクチャーなどをとおし、たくさんのピアノや音楽を愛する皆さんにたまちゃんに触れてもらおうと言うものです。


私が生まれてはじめてピアノという楽器に惚れた子
それまで、体験したことのない響きに涙してしまった子

弾くたびに、ときめいてしまうたまちゃんが、私のところにやって来たときから、ずっととりつかれてます。何にって、おそらくたまちゃんを、作った職人さんたちにではないかな?
ずっとずっと、この子は私一人で部屋の中で弾いてちゃいけないんだろうな…っという思いがずっと私を捉えて離さない。



先日、ショパンコンクールや、チャイコフスキーコンクールの公式技術者のO さんが、見に来てくださり、状態を隅から隅までながめ、分析し、このピアノはあたり。いいピアノですと、太鼓判を押してくださいました。
ただ、ハンマーが未調整なことと、弦がオリジナルを磨いただけなので張り替えを薦められました。


この子の本領はまだ発揮されてませんよ…との、ことでした。
その方は比較的古いピアノではなく、新しい良いものを持ち主と共に育てていきたいという思いの方が強い方で、古いピアノの再生、メンテは断ることが多いらしいのです。先が見えるから…。再生は無理だと判断するから。

しかし、たまちゃんは、引き受けてくれそうな感じでした。まだまだ、いけるといっていただけましたので。
ボディとフレームはすごい響きです。

いつか、その本領を体感してみたいものです。
そのためにも、頑張らないとなーと思うこの頃です。



昔の職人さんたちが、樹や、材料を贅沢に選びぬき手作りしたピアノ
何人か弾きに来てくださっては、鳥肌をたてていってくれるこのたまちゃんを、未来のある子供たちや、ピアノを愛する人たちの記憶のすみに残ってくれたらそれで、充分


たまちゃんには、きっと心をツンって、つついてくれる何かがあると確信しているのです。



どのような催しか、出演者などはまだ、検討、交渉中ですが、面白い三日間になるように全力を尽くしたいと思います。数年に一度くらい催せるようにしたいです。


詳しくは、また決まり次第告知させていただきます♪
お楽しみに!!

プロフィール欄の写真のピアノがたまちゃんです。

この記事へコメント:する















自分が音楽の世界においてできることを色々考えています。そのうちのひとつです。今年、2012年10月19日から21日の三日間で、イベントを開催する予定です。主役はたまちゃん。たまちゃ ...

わたなべよし美

Author:わたなべよし美
のらピアニスト わたなべよし美です。どらと呼ばれています。
バツイチで可愛い子供達が3人います。



相棒は、1938年生まれの、Steinway & Sons 、マホガニー、チッペンデール仕様の、美しい子
名前を、猫脚のたまちゃんと言います。


好きなものは、石、鳥、ラーメン、湯タンポ、樹、着物
得意なことは、おしゃべり、営業
好きな作曲家は、ドビュッシー、モーツァルト、ラベル、セヴラック、プーランク、バルトーク、ストラヴィンスキー、バーバー、ギロック、アンダーソン....etc
苦手なことは、じっとしてること、落ち着くこと、黙ってること

人生は思い通り
ワクワクハラハラドキドキ楽しいです♪

一緒にいると、かなり鬱陶しいタイプですが、刺激の欲しい方には是非おすすめです。

こんなわたなべですが、どうぞよろしくお願い致します♪

 













こだわりの減農薬野菜をお届け!今なら2,012円!




mixi 、Face book、Twitterやってます♪

ま、そんなに使ってないけど(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。