FC2ブログ
2018 / 10
<< 2018 / 09 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2018 / 11 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しかし、そんなに丁寧に聞いたことはない。
そもそもピアニストの演奏をきちんと聞いたことが少ない。
学生の時、自分が弾かねばならない作品だけ、色んな人が演奏するのを聞いたけれど卒業してから、ピアニスト復活してからは、自分の演奏するものをわざわざ誰かのを聞いたりとかしないからなー。
それでも、CD 買うのは好きだし、部屋には、いろんなのが流れてはいる。
ほとんどピアノはかかっていないけれど…。



それでも、フランソワのプロコフィエフの7番ソナタに、大爆笑した。私の場合、大爆笑は面白くて笑うわけではない。興奮すると大爆笑か、大号泣なだけ。
それから、ラベルの蛾のあまりのリアリティーにやられたし、スカルボのブレイクは、この人以上の人のは聞いたことない。
それだよ、それ!!!と叫んだ覚えがある。


イメージとしては、この人は作曲家より、その作曲家が、その曲を作るときに受けたであろうインスピレーションを感じ取って作曲家の選んだ音を借りて表現できちゃう人という感じ。


先日、友人に教えてもらったフランソワの言葉


解釈とは予め用意された感情に過ぎない。 技巧とは意に反してでもピアノが弾けるように する定式に過ぎない。 解釈も技巧も捨て去れば、ピアノはまことに上手く弾ける。





そもそも解釈の概念がよくわかってないのだけど(笑)、予め用意された感情と言うのを読んで、解釈とは、何をいってるか理解した。でも、私の場合あまりに感覚だけなので、解釈というというものをやってみたいし、やらないとダメなのでは?と思う。
そういうことを事細かに解説してくれる先生という人に会ってみたい。それくらい私の縁のある方々は偉大な音楽家ではあるが、先生という類いの方は、いない気がする。盗まないとなら無い方ばかり(笑)


技巧も捨て去れるまでやらないと、はじめから捨て去るほど天才ではないので、まだまだ技巧に走るけれど、そのうちフランソワの言うところまで行けたら良いよなー


フランソワの言うことは至極普通。
みんな真面目にそこに行こうとしているのよね。


ちょっと、たまに勘違いしちゃいがちなんだけどもね。


[フランソワ]
家のCD物色してたみたいな娘が、大好きになったみたいで…。

パパも好きなピアニストの一人です。
[]
それはそれは!
子供の頃から私もフランソワ聞いていたかったなー!
ご主人お好きなんですか(笑)なるほど。
この記事へコメント:する















わたなべよし美

Author:わたなべよし美
のらピアニスト わたなべよし美です。どらと呼ばれています。
バツイチで可愛い子供達が3人います。



相棒は、1938年生まれの、Steinway & Sons 、マホガニー、チッペンデール仕様の、美しい子
名前を、猫脚のたまちゃんと言います。


好きなものは、石、鳥、ラーメン、湯タンポ、樹、着物
得意なことは、おしゃべり、営業
好きな作曲家は、ドビュッシー、モーツァルト、ラベル、セヴラック、プーランク、バルトーク、ストラヴィンスキー、バーバー、ギロック、アンダーソン....etc
苦手なことは、じっとしてること、落ち着くこと、黙ってること

人生は思い通り
ワクワクハラハラドキドキ楽しいです♪

一緒にいると、かなり鬱陶しいタイプですが、刺激の欲しい方には是非おすすめです。

こんなわたなべですが、どうぞよろしくお願い致します♪

 













こだわりの減農薬野菜をお届け!今なら2,012円!




mixi 、Face book、Twitterやってます♪

ま、そんなに使ってないけど(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。