2018 / 06
<< 2018 / 05 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2018 / 07 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://www.youtube.com/watch?v=bscXLHFLG1E&feature=youtube_gdata_player

このピアニストが、音大のときに客員教授として毎年いらしてた方


履歴はよく知らないけれど、ブゾーニコンクール優勝とか、ショパコンとかあちこちのコンクールの審査員をされてるとか、今はローマのサンタチェチリア音楽院の学長だとか、ハチャトリアンのコンチェルト初演したとか・・。それくらいしか知りません。


初めてレッスンを受けたのは、二年生の秋
持っていったのは、ショパンのop. 10-4と、リストのタランテラ

まず、ショパンを弾いたあと、はじめに彼は、あなたには、とても音楽があると前置きし、リズムのことを指摘したはず。結局、卒業するまで、毎回、リズム、リズムっ!と、叫ばれていた気がする(笑)
そして、その初めてのレッスンの終わりに、来年の夏にザルツブルクのサマーセミナーの自分のクラスに、来ないか?と、私に言った。それは、私の音楽人生に多大な影響を与えることとなる。


彼は、レッスンの他でもピアノ奏法や、脱力、指の独立などの授業をしてくれた。その時は、大勢の前で指ガチガチを披露した記憶がある。とにかく、ピアノを弾くシステムでも書いたように自分は何か違うということだけは、はっきり自覚した。

翌年の夏のことは、また別の機会に書こうと思う。


決定的に、全然自分がダメだと認識したのは翌年のプロコフィエフの3番のソナタのレッスンを受けたときだ。
彼は、すぐなんでも弾いて見せてくれた。
Coda の左手のパッセージで、まざまざ見せられた左手の小指の強靭さ
どんなに飛んでも早くても黒鍵でも、正確に、しかも楽に脱力してるのに捉え着鍵するその様子はショックだった。


自分の指たちのひ弱さに死にたくなった。
でも、それを見て指を本当に一本ずつバラバラに強くしないと脱力なんてあり得ないのを瞬時に察知した。
理解した。目指すところが明るくなった。


それは、いまだに続いてることだが、その当時とは比べ物になら無いほど今は楽だ。大体、どうすればそのパッセージが弾けるのか、そのためには何をすべきかという方向はわかるくらい、指と体のことは理解してる。えーと、だからその当時に比べたらの話ね(笑)



ペルちゃんには、もうひとつ教えてもらったことがある。
ffだ。
しかし、まだ納得行くようにはできないが、彼は、どんなに鳴らしても耳が嫌がらない音をしてる。それは、師匠とは違った。実は、当時の師匠を私はとても慕っていたし、信仰していたがffだけ、なんか違うと思っていた。でも、師匠だけではない。たぶん、日本じゃ、あれが、主流だったのかもしれないから。

ちなみに、今の師匠の藤田雅さんも、ジュリアードにいるころ,日本人離れしたffだねと、言われたことがあるようにどんなに鳴らしても、すぐそばで聞いていても全く耳が嫌がらない。
たぶん、少しでも硬さが体のどこかにあるだけでそういう音にはならないんだと思う。
いずれは、私もあれがいいな(笑)


強靭でしなやかな、筋肉がほしい…。


こんな音が出したいと思ってるだけであるところまでは行くけれど、それだけでは本当に理想のところには届かない。
想いだけで、音楽になるけれど…。


彼に出会って、それまで気持ちだけで持っていっていた自分はしばらくは、テクニックにこだわることを決めたのだ。いつか必ず理想のところまで持っていく。それまでは指優先。誰に何を言われようがだ。


最後にレッスンを受けたのは、9年間のブランク明けの確か9年か、10年前くらいかな
今年、企画してるイベントの頃、もしかして在日してるだろう。
もし、それより前なら、久しぶりにレッスンでも受けてみようか。


そんな節目の2012年となる。
もう、80歳越えてるのかな
元気に、今年も来日してくれることを信じて!

というか、まだまだ元気そうです♪


余談ですが、一度私の手相を見て、お前は複雑な性格と言った。
正解でした(笑)





この記事へコメント:する















わたなべよし美

Author:わたなべよし美
のらピアニスト わたなべよし美です。どらと呼ばれています。
バツイチで可愛い子供達が3人います。



相棒は、1938年生まれの、Steinway & Sons 、マホガニー、チッペンデール仕様の、美しい子
名前を、猫脚のたまちゃんと言います。


好きなものは、石、鳥、ラーメン、湯タンポ、樹、着物
得意なことは、おしゃべり、営業
好きな作曲家は、ドビュッシー、モーツァルト、ラベル、セヴラック、プーランク、バルトーク、ストラヴィンスキー、バーバー、ギロック、アンダーソン....etc
苦手なことは、じっとしてること、落ち着くこと、黙ってること

人生は思い通り
ワクワクハラハラドキドキ楽しいです♪

一緒にいると、かなり鬱陶しいタイプですが、刺激の欲しい方には是非おすすめです。

こんなわたなべですが、どうぞよろしくお願い致します♪

 













こだわりの減農薬野菜をお届け!今なら2,012円!




mixi 、Face book、Twitterやってます♪

ま、そんなに使ってないけど(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。