2012 / 05
<< 2012 / 04 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2012 / 06 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日は、東飯能にあるfree space east court さんにおいて、毎月開催させていただいてるピアノサロンの日でした。

ピアノを弾くのが好きな人たちが集まりそれぞれ、演奏していただいたり、初見で、連弾したり、ピアノ伴奏で歌ったり、楽器を奏でたり…

基本何でもありな、緩ーい会です。


いつも高校生のパーカッショニストさんが参加してくれたり、今日はゲストにジャズピアニストの高島真悟君が、参加してくれたり、ネットで発見してくれ、発表会前のリハがわりに参加してくれる方もいたりと、とても盛りだくさんな時間となりました。


会場のeastcourtさんには、いつも本当にお世話になっています♪


デジピも持ち込んでの二台ピアノの曲をやったりしてます。


次回は、連弾の仕込んだもの(いつも初見だと、ちょっと欲求不満(笑))を演奏したいなーと思います。
連弾のお相手はいくらでもやりますので、申請していただけたらと思います♪


マ・メール・ロワとか、シェエラザードとか、そうだなー・・・スペイン狂詩曲とか、どなたかお相手してくださいませ♪


モシュコフスキーのスペイン舞曲をいつも参加してくださるピアノの先生と演奏予定!!(言っちゃったよ!)



というわけで、また、たくさんの方のご参加お待ちしております!


ご参加くださいました皆さん、どうもありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト

コンサートをするときに、プログラムをたてるのは楽しい。
妄想の世界にどっぷり漬かれる。


基本、やりたい好きな曲しかもう弾きたくない。
もう、興味のないものまで練習する時間は残されていない(笑)


昔から弾きたいものを集めるしかない…。


すると、コンサートの主旨からずれる。


難しいところです…。


つまらんと思って弾いてる曲を、聞いてる皆さんが面白いわけない。


今、企画真っ最中で固まりつつあるのだけれど、色々問題も起こってくるよ


でも、最終的にはいい方向にしか向かないのだろうな



今日は、予定が狂う事態が起こったけれど、何てことはない、一番始めに考えていた方向に戻ることになりそうです。
そこをまげたのは、私の逃げる気持ちからだったのよね

今日気づいたわ


何でも、なるようになってるのよね…。




やられたわ・・。




関連記事

好きな色って、そのときの在る自分が反映するのかな?

子供の頃から今まで、その時代で好きな色が全然違う。


記憶にあるのは、小学生の時、ひたすら緑
緑と赤の組み合わせにはまっていた。

あー、でもこれは今でも残っているかな。
つまり、紫と黄緑、オレンジと青とか、黒と赤、赤と緑とかの組み合わせが好き。


時期は覚えてないけれど、ショッキングピンクにはまってた時期
黒、茶色辺りばかりのとき
淡い色ばかりのとき
カーキーばかりのとき


そして、35辺りからひたすら紫色
これは今もそう。
今日は紫のラメ入りの服に、紫のジャケットに紫のラメ入りショール…
どんだけ紫・・・。(笑)


紫色のファーつきジャケットもある。

昔は紫色なんて拒絶だったのになー。
最近はとにかくラメ入り、キラキラ、ゴールドとか好き


年を取って派手好きになってきているのかなー



でも、とにかく青とか赤は、着ない。
ピンクもない。グレーもないなー。水色もあんまり好きではない。


オレンジ着たいなー
黄緑とか、黄色とか。


黒は、あんなに着てたのに全然着なくなっちゃった。



さて、何が関係してるのかしら?
誰か教えてください(笑)


紫とゴールドを品よく着たいなー
難しそー(^^;


関連記事

今回、友人の友人が制作部門を担当している舞台の受け付けお手伝いをさせてもらう機会を得ることができた。


それが、これ

ふくふくや「六男坊の嫁」


昨日、はじめて観劇。



音楽もそうだけど、演劇の化学反応ってのも本当に面白い。
ある人物が出てくるまで、一歩間違えばとっちらかりかけるのに、その瞬間からガラッと空気とリズムの方向が足並みを揃え出す。

オケで言うところのコンマスなのかな。
指揮者が演出家なら、演者の中にコンマスがいるの


私は、そこまで音響や演者の力み加減、リズムの相違、からみあわなさが、気になり実は全く集中できず、なんだかおいてけぼりを食らった気分だった。このまま、終わったらどうしよう…と、ふあんになった。


ところが、その人物が出てきた途端完全にわしづかみにされた。
全然泣くとこ違うのに、笑いながらバカみたいにポロポロ涙が出てくる。

いつものことだが、うわーー、これ、なんだーー???と、おそらく魂震えると、私は、大泣き笑いをしてしまうのだが、それがでた。


そっからは、もう他の演者さんたちも違ってみえてきた。
いや、あれは絶対変わったんだと思う。
影響を受けないはずが無いのだ。


リズムとかテンポとか空気とか、その人はなんの迷いもなく迫ってくる。
今、思い出すだけで泣けてくるのね


時間や空気や感情操れるって、強いな
どうすりゃ、いいのかなー
どうかしようとしてできるもんちゃうしなー



結局、在り方なんだろうな



と、言うわけで私もたまーに受付してます、こちらの公演
是非是非おいでくださいませ♪







関連記事

何かを作るとき、自分の仕事ではないなーと思うし、自分でやりたいなーとも思わないし、これは、他の人にやってもらったほうが、いい結果が出ると思うものは、全部人にお願いしたい…。



今回もイベントを打つにあたり、いろーーーんな作業や行程があるのだけど、できればほとんど人に任せたい(笑)
私が自分でやりたいことは、ただひとつ、人選だけかもな


自分の気に入った、または、気に入らなくても縁があるんだなーとか、今はこの人といることが自分に必要なんだなーという感覚だけは、自分のものを信じたい。



今、各コンサートや催しのタイトルを考えてるが、本当は言葉遊びが得意な彼にたのみたい…とか、写真とるのは、得意なあの人に頼みたいとか、パソコンいじるのはあの人に頼みたいとか…、イラストならあの子とか、、、あるんだけど、きっちり、いや、きっちりが無理でも、気持ちでもギャラも払いたい…。

そこで、予算が無いから自分でやるかーとは、発想がならない。
もしお金が今無ければ、是非出世払いで、払う(笑)
あー、それかどこかにまとめてポンと借りて、ニコニコ現金払いした方が簡単かもね。


あー、こうやって会社って成り立つのかー。
なるほど。



さて、この先も、ずっと続けていきたいP-paradise イベントは、これからもどんどん進化しながら毎回楽しいことを仕掛けたいし、できるだけたくさんのいろんなことができる人達の集合体となり、お互いがお互いの得意なことを生かし合いながら在れればいいし、その人達の収入の場になればいいなと思う。
たまちゃんのメンテや移動、フライヤーとかの必要経費以外は、参加してくれたアーティストたちみんなで、山分けできればいいなーとか思う。


ひとつの固まった組織にはしない。
組織は面倒くさい。
しがらみも嫌い。
権力も嫌い。


ただ私が責任とるから、私のつれてきた人たちの集合イベントと化していけば楽しいんじゃないかな
すごーいと世間で言われてるとか、そんなこたあどうでもいいんだ。


集まるべくしてなぜか集まった人たちで、楽しもうぜ、でも、楽しんでくれる人たちに向けては責任もってそれぞれの仕事をしようぜっていうさ


Paradise を、年に一度やってけるといいな。

すごーく出資とかしてくれるという人が来ても、やはり、もらわない方がいいかもな
だって、そこを頼りだしたら終わりだよね
言うこと聞かなきゃならなくなっちゃう…。

それは、困る。
プラスなことはいいけどそうじゃないことは、断りたい。



今から、絶対にここだけは、譲れないというところを決めておこう。
企画はたくさん浮かんでくるから、空中分解しないように、土台と柱だけはきっちりしておこう。


一体、私は何をしようとしているの?(笑)
自分の生活、子供のことも省みず…。
いや、正確にいうと省みているのだが(笑)

たまたま、最近ホロスコープを勉強してる宇宙人が(笑)、私の星を見てくれた。
そういう星のしたに生まれてるって、昔からよくいうよね
その、星を読むのがホロスコープ


すると、私は、仕事をするのが人生のテーマで、文化的なものを欲求し、その文化的価値観を広めたい星の下にうまれてるそうな。
そして、今の星を読むと、変革を求められ、かつ、自分の本当にやりたいことをしようとしているらしい。



当たりすぎだろー(笑)


そして、これがすごいことになるかもしれんらしい。

どーするーー???
ワクワクするね♪(笑)



関連記事

P-paradiseとは?


今度、10月の19、20、21日に、西武池袋線仏子駅徒歩五分のところにある文化創造アトリエ「Amigo 」で、piano -paradise というイベントを催すことになりました。


私の相棒、たまちゃんをここのスタジオ棟に、運び込み、様々な趣向をこらしたコンサートを5演目お贈りします。

今、その出演者や、企画を固めたり、フライヤーをお願いしたり準備の真っ只中です。


その演目の中で、公募した小学生以下のピアノを弾いてくれる子供たちを集めたコンサート、そして公募したピアノ愛好者たちで楽しむ参加型コンサートを企画してます。
たくさんの人にたまちゃんを弾いてもらえたらと思ってます。


つきましては、参加してくださる方を募集しますので、公での募集は、まだ先になりますが、このブログを読んでくださった方のなかで、演奏してくださる方がいらっしゃいましたら、是非直接メッセージをいただけたらと思います。

弾き参加は、2000円、聴き参加500円です。
すでに、直接お声がけさせていただいてる方もいらっしゃいます。
全部で、20名弱程の方の演奏を考えています。


ここを、読んでくださった方は、ご縁がありますので是非弾いていただきたいです。
よろしくお願い致します。


また、他のプログラムは、出演者が決まり次第、発表したいと思います♪


忙しくなりそうです(*^^*)





関連記事

ここのところ、立て続けに、今、ピアノで演奏することをしてる私にとって必要だった出会いが、ポンポンポンと、やってきてます。


昨日は、このオルガンを弾かせてもらえる機会をいただけました。

20120501_124349.jpg

皆さん、主にバロックの音楽を演奏されました。
私は、普段全然バロックの演奏はしないので、取急ぎ平均律の中からちょちょいと、弾かせてもらいました。



そして、先週はひょんなところから、縁を頂けたとあるピアノ技術者さんの仕事場におじゃまし、とても希少なピアノ達を弾かせていただけました。


まずは、Stainway & sons の前身であるピアノ
20120501_123730.jpg

このピアノは、鍵盤とハンマーの遊びがゼロで、どんなに細かいものをどんなに早いスピードで弾いても平気だと言う快感なピアノ


それから、これは、ショパンが、弾いたことがあるかもしれない、プレイエル。本人が使ってたものと同じものだそうです。なので、弾いたとき何かが腑に落ちるものでした。これで、作曲してるんなら、ああなるわねーというか、かなりの納得材料

20120501_123538.jpg



そんな感じのリスト版
20120501_123620.jpg

弦、交差してません。


そして、私の大好きなケンプが、使ってた、これまた大好きなベヒシュタイン
20120501_123646.jpg


幸せ、感無量…。



他にも、モーツァルトが曲を作ってた楽器のレプリカとか、もうパラダイスで、、。

その日は、時間がなくて、半分も弾けなかったので、近々また遊びに行きたいと思います。


先日の美しいベーゼンにしろ、本当に色んな鍵盤楽器にふれて、今自分が乗りかけてる波について、感じることのたくさんあるこの、数日でした。




そして、たま屋でたまちゃんを弾いて、全く、この子ったら…。
と、抱きついてしまってる今日この頃


私のところに、来てくれてありがとうね
たまちゃん。


20120501_131350.jpg



関連記事

わたなべよし美

Author:わたなべよし美
のらピアニスト わたなべよし美です。どらと呼ばれています。
バツイチで可愛い子供達が3人います。



相棒は、1938年生まれの、Steinway & Sons 、マホガニー、チッペンデール仕様の、美しい子
名前を、猫脚のたまちゃんと言います。


好きなものは、石、鳥、ラーメン、湯タンポ、樹、着物
得意なことは、おしゃべり、営業
好きな作曲家は、ドビュッシー、モーツァルト、ラベル、セヴラック、プーランク、バルトーク、ストラヴィンスキー、バーバー、ギロック、アンダーソン....etc
苦手なことは、じっとしてること、落ち着くこと、黙ってること

人生は思い通り
ワクワクハラハラドキドキ楽しいです♪

一緒にいると、かなり鬱陶しいタイプですが、刺激の欲しい方には是非おすすめです。

こんなわたなべですが、どうぞよろしくお願い致します♪

 













こだわりの減農薬野菜をお届け!今なら2,012円!




mixi 、Face book、Twitterやってます♪

ま、そんなに使ってないけど(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。