2012 / 04
<< 2012 / 03 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2012 / 05 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、友人にお誘いいただきいって参りましたコンサート

その会場のピアノです。



20120422_234928.jpg


20120422_234837.jpg



ベーゼンドルファー1000周年記念で作られた、世界で12台限定モデルだそうです。


日本のショールームに一台振り分けられたそうで、その時に、たまたまそのショールームに訪れたオーナーさんが、ご購入されたそうです。


ちなみに一台目は、ダイアナ妃のところに行ったと、オーナーの方がおっしゃってましたよ


今日のコンサートは、ソプラノ、クラリネット、ピアノのアンサンブルでしたが、数曲、ピアノソロも聴くことができました。


ベーゼンは、鳴らすのが難しいとかよく聴きますが、私は、まだ、あまり弾いたことがないのでピンと来ません。


今度、なにもコンサートが催されてないときに、遊びにいって少しさわらせてもらえるようオーナーさんにお願いしたところ、快くお引き受けいただいたので、お邪魔したいと思います(*^^*)


楽しみです♪




関連記事
スポンサーサイト

名前は知っていたけど、この人がピアノを弾くのは知らなかったです。


Nat king cole ナット・キング・コール

もう、ご機嫌!!


https://www.youtube.com/watch?v=7ytok8dRGEc&feature=youtube_gdata_player


セロニアス・モンクも大好きだけど、ボビー・マクファーリンや、このナット・キング・コールもたまらなく好き
タイプがぜーーんぜん違うのだけどね




音楽をしたり、感じたりする次元て、いくつあるのかなーと、以前考えて表にしたことがあるのだけど、その最終次元は、あそこと繋がってるか繋がってないかなの

そのあそこは、どこ?と聞かれたら、それは答えられないのだけど、私個人のただの感覚なので勘弁してください。




それにしても、この人歌もすごく素敵で、この数日youtube 見まくり。
CD かわなくちゃ!!

という感じ。


買わなきゃいけないの
必須なの(笑)


この人のニュアンス欲しいなー(笑)



まだまだ、ときめく音楽の人いるんだろーなー


そういう人に巡り会えたときって、ほーんとに幸せだなー



悔しがるのも必要なんだろうけどね(^^;

関連記事

ピアニスト復活してから、いくつかの自主企画コンサートをやらせていただいた。


まずは、8年ぶりにピアニスト復活宣言から、一年?
忘れたけど、生まれて初めてのソロリサイタル

Pika Pika pianist vol.1 2004年だったかな。

それから・・・。

順番覚えてませんが、


ソプラノ玉山マオさんとの「家族だから伝えたいこと」

山梨のシンガーソングライターMoya さん、クラリネット奏者堀川豊彦さんとの共催、ライブ「Live Lives Life 」

ソプラノ川上真澄美さんとの、う~、イタリア語のタイトル、忘れた…。

管楽器5本との、室内楽コンサート「Hot winds Live 」

ギタリスト豊との、「カクテル・ライブ」

藤田雅氏を迎えてのPika Pika pianist vol. 2では、二台ピアノでモーツァルトのピアノコンチェルトをやらせていただいた。

あと、共催で、オペラテレフォンとか、あったなー。
たぶん、こんなものかな?


その制作過程としては、演奏やアンサンブルで、顔を付き合わせ、あーでもない、こーでもないとやることはあっても、フライヤーや当日のパンフなどは、地元以外のものは、そのアウェイの共演者の方にお願いし、地元開催のものは、私が全部やってしまった。
パソコンが自分では使えないので、美大出身で、今は造形の会社を経営してる方に手伝ってもらいつつ作成。デザインは、私の原案に、その彼がプロっぽい配置にしてくれたり…。
特に討論することもなくすんなり出来上がる。

連絡先も自分のところだし、チケット販売しきり、スケジュール調整、練習会場のキープ、当日のスタッフ依頼や打ち上げ会場決め、当日の進行など、あらゆるものは、ほとんど自分でやってしまってきた。
誰かとぶつかるとか、意見付き合わすとか、経験があまりない。プログラムも割りとすんなり決まっていくし…。


あ、でも、一番はじめのソロリサイタルは、経験のある方々に、とても助けていただいた。自分は演奏だけで、いっぱいだったもんなー。ありがたかった。




最近、実は自分ではない音楽家のコンサートの制作側のお手伝いをさせてもらっている。
地元の方で、立ち上げた実行委員会の、お手伝い。

その制作過程にいるのだが、みんなで鼻を付き合わせ、色々決めていくと言う新鮮な作業をしている。



いろんなことがある。



でも、なんだか学祭とか、部活とか、そんな気分
(いや、お客様にお金を支払っていただくのだから、そんな気分では、いられないのだけど。お仕事です。)


私の高校は、むしろ今よりずっと真剣になんにでも取り組む人種だらけで(笑)、だてにその母校は、高校生ウルトラクイズで常に準決勝、決勝に残ってないよな(笑)
みんな賢くて、真剣で。
だから、生徒指揮、指導で吹奏楽で全国に行けちゃったりしたんだよな

あれは、うれしかったなー。今まで生きてきた中で一番狂喜乱舞した。
話がそれた(笑)


みんなでひとつのものを作り上げるなんて、いつぶりかな~?


ちょっと面倒なこともあるけれど、数人集まると、横道にそれながら、ぶつかり合いながら、でも確実に前進して、なにか出来上がっていって。
最後にはとても、達成感があるのだろうな…。


一人は、ただ突き進んで、気付くと終わってて・・。
誰かと一緒に達成感とか、喜び合うとか少なかったかもな
もちろん、お手伝いくださった方、皆様がいてくれたお陰で無事終えることのできた、本番たちなのだけど…。

さすがに、一番最近のPika Pika pianist vol. 2は、リハをすべきだった…。
これは、自分で仕切るには、練習しなければならないボリウムがありすぎた。
反省。



なので、今年の10月19、20、21日のイベントは制作段階から、信頼できる方にお手伝いいただいて、自分がもっと練習に専念できるようにしたいと思う。

あらゆることは、人にお願いしよう。


楽しい楽しいイベントだしね



名付けて、「Piano paradise 2012」
お楽しみに!




関連記事

自分が音楽の世界においてできることを色々考えています。
そのうちのひとつです。


今年、2012年10月19日から21日の三日間で、イベントを開催する予定です。

主役はたまちゃん。
たまちゃんとは、私のプロフィールにも記載している通り、私の相棒のピアノのことです。

西武池袋線仏子駅徒歩五分のところにあります、文化創造アトリエAmigo のスタジオ棟にたまちゃんを、運び込みコンサートや一般の方が参加できるコンサート、レクチャーなどをとおし、たくさんのピアノや音楽を愛する皆さんにたまちゃんに触れてもらおうと言うものです。


私が生まれてはじめてピアノという楽器に惚れた子
それまで、体験したことのない響きに涙してしまった子

弾くたびに、ときめいてしまうたまちゃんが、私のところにやって来たときから、ずっととりつかれてます。何にって、おそらくたまちゃんを、作った職人さんたちにではないかな?
ずっとずっと、この子は私一人で部屋の中で弾いてちゃいけないんだろうな…っという思いがずっと私を捉えて離さない。



先日、ショパンコンクールや、チャイコフスキーコンクールの公式技術者のO さんが、見に来てくださり、状態を隅から隅までながめ、分析し、このピアノはあたり。いいピアノですと、太鼓判を押してくださいました。
ただ、ハンマーが未調整なことと、弦がオリジナルを磨いただけなので張り替えを薦められました。


この子の本領はまだ発揮されてませんよ…との、ことでした。
その方は比較的古いピアノではなく、新しい良いものを持ち主と共に育てていきたいという思いの方が強い方で、古いピアノの再生、メンテは断ることが多いらしいのです。先が見えるから…。再生は無理だと判断するから。

しかし、たまちゃんは、引き受けてくれそうな感じでした。まだまだ、いけるといっていただけましたので。
ボディとフレームはすごい響きです。

いつか、その本領を体感してみたいものです。
そのためにも、頑張らないとなーと思うこの頃です。



昔の職人さんたちが、樹や、材料を贅沢に選びぬき手作りしたピアノ
何人か弾きに来てくださっては、鳥肌をたてていってくれるこのたまちゃんを、未来のある子供たちや、ピアノを愛する人たちの記憶のすみに残ってくれたらそれで、充分


たまちゃんには、きっと心をツンって、つついてくれる何かがあると確信しているのです。



どのような催しか、出演者などはまだ、検討、交渉中ですが、面白い三日間になるように全力を尽くしたいと思います。数年に一度くらい催せるようにしたいです。


詳しくは、また決まり次第告知させていただきます♪
お楽しみに!!

プロフィール欄の写真のピアノがたまちゃんです。

関連記事

わたなべよし美

Author:わたなべよし美
のらピアニスト わたなべよし美です。どらと呼ばれています。
バツイチで可愛い子供達が3人います。



相棒は、1938年生まれの、Steinway & Sons 、マホガニー、チッペンデール仕様の、美しい子
名前を、猫脚のたまちゃんと言います。


好きなものは、石、鳥、ラーメン、湯タンポ、樹、着物
得意なことは、おしゃべり、営業
好きな作曲家は、ドビュッシー、モーツァルト、ラベル、セヴラック、プーランク、バルトーク、ストラヴィンスキー、バーバー、ギロック、アンダーソン....etc
苦手なことは、じっとしてること、落ち着くこと、黙ってること

人生は思い通り
ワクワクハラハラドキドキ楽しいです♪

一緒にいると、かなり鬱陶しいタイプですが、刺激の欲しい方には是非おすすめです。

こんなわたなべですが、どうぞよろしくお願い致します♪

 













こだわりの減農薬野菜をお届け!今なら2,012円!




mixi 、Face book、Twitterやってます♪

ま、そんなに使ってないけど(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。